窓や玄関から侵入しにくい
空き巣に狙われにくい家にするために

対策1
「音」を活用した防犯対策

侵入するときには大きな音が響けば、犯罪者は怯み、隣人や住民は異変に気づきます。 具体的には「防犯砂利」「赤外線センサー」「セキュリティーシステム」などがあります。 番犬の吠え声も有効です。

対策2
「光」を活用した防犯対策

「センサーライト」の取り付けが一般的に知られていますが、街灯や自宅の外灯なども有効です。 留守の間に照明をあえて点灯させておき在宅中のように思わせる事も有効です。

対策3
侵入に「時間」を掛けさせる

侵入犯罪者の70%が「侵入を開始してから5分以上たっても入れない場合は諦める」というデータがあります。 「不正開錠に強い錠」「面格子」「補助錠」「雨戸」「シャッター」「防犯ガラス」「防犯フィルム」など対策グッツも多いです。

対策4
「カメラ」を利用した対策

犯罪者は下見や侵入、逃走などの際「見て記憶される」と困ります。 防犯カメラが設置されているだけで、侵入犯罪の抑止になります。

対策5
「通報の態勢」

不審者情報はまずは110番。 他にも外出中のアラーム、警備会社との契約などで対策できます。 隣人との関係作りも有効です。